2016年02月01日

飯塚ピアノ教室

★生徒募集中!兄弟割引を導入しました
必ず「自分の得意は音楽です」と言えようになるメソッドに自信があります!

【募集対象】(1)通常レッスン/4歳〜成人の方 (2)Newプレ・ピアノコース/3〜4歳(親子で受講)
※「楽譜を読める力を付けたり、ピアノをぐんぐん弾いていく」にはまだ早い、3歳児・4歳児のお子様が「ママ、ピアノが習いたい!」と言い始めたら、(2)のコースをお薦めします。
【レッスン日時】個人レッスンですので、お互いの都合で曜日・時間を設定します。
【教室場所】勝田台駅から徒歩5分(講師の自宅教室)
※駐車場有り

【内容】
(1)通常レッスン
当教室では「無理なく、けれどどのお子様も上達するのが当たり前」のきちんとしたメソッドで指導します。また、昔習ったけれどバイエル途中でやめてしまったお母様が、お子様と一緒に再スタートできるコースもあります。小さな妹・弟さんがいらっしゃっても待合室を隣に設けておりますので、安心してお連れいただけるうえお家の方の入室も自由です。
家庭での練習方法やお家の方の関わり方まで指導していきますので、親子げんかにならず一緒に頑張れますよ。
・個人レッスン。
・発表会は毎年1回行います。
・お子様の場合、先ずは毎日ピアノに触れるような生活のリズム作りからスタートします。
・一年以内に皆さん楽譜がすらすら読めるようになる指導法です。
・ソルフェージュ力、音楽知識も、徐々に身に付けることができます。
・無理なく勧めていきますので、当教室ではみなさん10年くらいは続けてくださいます。
・幼稚園教諭になられた生徒さんが多くいらっしゃいます。
・連弾も取り入れております。

(2)プレ・ピアノコース
音感教育は早ければ早いほど良いというのは本当です。良い耳を育てることで、その後の音楽的の吸収力・成長力も大きくアップします。3歳にもなれば「ピアノが習いたい!」と言い出すお子様も多いと思いますが、何歳から始められるものなのか?・・・と悩むお母様も多いことでしょう。
そんな意欲に合わせたのが「プレ・ピアノコース」です。ご自宅にピアノをお持ちでない段階からスタートできます。
レッスンでは、耳を使った音感トレーニングを中心に、歌ったりリズムに乗った手遊び・指の体操など、その後のピアノレッスンに大きなプラスとなる内容で進めていきます。そしてピアノに触りたい!弾いてみたい気持ちを大切に、ピアノに触ることも取り入れていきます。
お子さんの成長に合わせ、「ピアノコース」(毎週レッスン)への移行の時期も「的確に」お知らせいたします。

【費用】
入会金/10,000円 ⇒八千代ナビを見てお申し込みの方は10%引き
(1)ピアノコ−ス ※通常は45分レッスンとなります
月謝/1回45分・月に3〜4回レッスン 9,000〜12,000円
※年間42回(以上)+無料特別講習
※ピアノコ−ス導入の幼少児童は30分のレッスンから始めます。(7500円)
※ご事情により通常コ−ス(45分)へ移行せず30分のまま継続されることも可能です。(7,500〜9,000円)
※音楽専攻への進学コ−スは別途となります。         
※風邪等で欠席の場合振り替えレッスンがあります。


※長くピアノを続けていただけるために、割引制度を導入しました。
【割引制度について】
 ◎兄弟姉妹割引き -2,200円(45分レッスンのみ適応)
 ◎紹介割引 紹介者は1年間月謝割引、入会者は入会金割引あり


(2)プレピアノコース
月謝/2,500円(月1回・30分)、5,000円(月2回・30分×2回)
【問い合わせ】TEL/FAX 047-405-1558 メール art-culture@ac.auone-net.jp(講師/飯塚千尋)
【ホームページ】http://scuoladimusica.jimdo.com/ New

211118-uta.jpg

〔紹介コメント〕
子どもの頃に多くの方が通うピアノのレッスンですが、子ども時代の貴重な時間を「音楽が好きになってくれればいいわ」という気持ちだけで過ごさせてしまうのは、もったいないと思いませんか?
お稽古事は最初が肝心です!
当教室では、楽しく学びながら、必ず「自分の得意は音楽です」と言えようになるメソッドに自信があります。
いつの間にか子供達は、クラスの伴奏者に立候補したり、音楽部に入ったり、生涯音楽を友とするように成長してくれています。音楽方面に進学する生徒さんもいらっしゃいます。
お子様に音楽の基礎を身に付けさせたい方、情操豊かなお子様の成長を願う方、学校などでピアノ伴奏を引き受けられるくらいは上達させたいと願っている方は、是非ご入室をご検討いただければと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

●飯塚ピアノ教室


posted by やちなび子 at 21:57 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする